なぜ安定を捨てたのか

from 整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

前回までのブログでは腰痛について、原因や治療すべき部位などを紹介させて頂きました。

少しでも皆様の参考になっていれば幸いです。

 

今回はコンテンツは全くの0で、今更ですが自己紹介を兼ねて、なぜ私が開業をしたのかということを話していきたいと思います。

 

まず私は元々は理学療法士として、整形外科にずっと勤務してきました。

 

理学療法士とは、医師の指示の下「理学療法」を行うことを業とする者を言います。

 

「理学療法」とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本動作能力の回復を図るため、

 

治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱

 

その他の物理的手段を加えることを言う。

 

と、定められています。

 

最近ではテレビでもよくその名前を聞くようになったので、聞いたことのある職業だと思います。

 

一般に理学療法士というと国家資格ですし、安定しているとか、お給料良いんでしょとかって言われること非常に多いですが、全くそんなことないですよ……笑

 

今や生涯賃金で言えば、中卒以下とも言われているくらいです。

 

それはやはり診療報酬の問題や、理学療法士になる人が多すぎて存在意義・価値が下がっているからだと思います。

 

でも私が自分でやろうと決めたのは、お金は全然関係ないんですね。

 

前に書いた通り、理学療法士は医師の指示の下仕事をしています。しなくちゃいけません。

 

簡単な話、私はそれを無視していました。

 

自分が勉強会に行き学んだ知識で、患者さんの痛みや抱えている問題を解決できる

 

武器を持っているなら、それを使わないことの方が罪だと思ったからです。

 

もちろん先生や上司には注意を受けたこともありましたし、周りから、

「あいつ何やってんだ』

みたいに目で見られたことも多々ありましたが、

 

それでも目の前の患者さんは喜んでくれました。だって身体が楽になっているから。

 

じゃあ、もっと苦しんでいる人達を助けたい、どこに行っても治らないでものすごく悩んでいる人達を助けたい、と思い開業することにしました。

 

今、当院に来られている患者さんは、病院に行っても、他の治療院に行っても治らなかった方達ばかりです。正直病院に勤務していた頃とは比べものにならないくらい、治すのが難しい症例ばかりです。

 

私も魔法使いではないので、全員を治すことは出来ないし、

まだその技術がないことは申し訳なく思います。

 

だからこそ、毎月勉強会に行き、1人でも治せない人を減らす為に努力はしています。

 

「かはな 」という名前はターニングポイントという意味があります。

 

この開業が私にとってもちろん人生のターニングポイントであることは間違いないです。

 

ですが患者さんにとっても、私との出会いで痛みが楽になり、

今まで我慢してきたことや出来なかったことが出来るようになる、

そんなターニングポイントになればいいなと思い「整体院かはな」という名前にしました。

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

本日は長々と失礼しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな

東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265