症例紹介

自宅デスクより

こんばんは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

今日も腰痛についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

今回は実際に当院に来院された患者様について、紹介していきます。

 

50代の男性

5年程前に腰痛と脚のシビレで手術を受けられた方です。

手術を受けて腰の痛みは改善されたものの、シビレが残ってしまっている為に、当院に来院されました。

手術を受けた際は退院した後もすぐに仕事に復帰出来ずに、トータルで3ヶ月ほどお休みをされたそうです。

現在シビレはお尻付近やスネの方に特に強く感じるようで、

0になる瞬間はほとんどないそうです。

 

問診を終えた後、実際に評価・治療に入りました。

 

評価の結果、原因として考えられた場所は「頸板状筋」という、首の横についている筋肉がシビレの原因として1番考えられました。

 

そこの筋肉を緩めていくと、シビレは大幅に軽減し、患者様も驚いた様子でした。

 

シビレているのは脚の方なのに、なぜ首の筋肉を緩めたら効果があったのか?

 

これが私の治療のベースとなる、「筋膜」というものの考え方ですね。

 

今、痛みやシビレが出ている場所は、あくまでも症状・結果であり、原因ではないということです。

このような症例にいくら脚をマッサージしたり、電気を流したり、腰の手術をしても、完全には治らないんです。

だってそこが原因ではないからですね。

もしあなたが本当の原因を知りたい、本当に治したいと思うなら、しっかりと原因を見つけられるセラピストに見てもらって下さいね。

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265