薬やブロック注射で「治る」わけない!

整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

本日も腰痛についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

前回に引き続いてヘルニアについてです。

よく病院ではヘルニアに限らずですが、腰が痛いと言うと、痛み止めの薬やブロック注射をされることが多いですよね。果たしてそれが有効なのかどうか・・・?

 

ヘルニアと診断されて、強烈に腰が痛く、日常生活や仕事に支障が出ている方非常に多くいらっしゃいます。 それで病院に行くと、ブロック注射・痛み止めの薬などで対処されると思うのですが、それって麻酔と同じなので、痛みは感じなくなるんですね。

 

そうすると患者様は「治った」と思いますよね。

 

でも、痛みの原因には何も処置はしていません。

 

それなのに、痛みを感じなければ人はやっぱり動きます。

 

「痛み」はもちろんない方が楽ですよね。

 

でも、その信号が体から出ていることによって、それ以上動かさないように自分の体を守る為の信号なわけです。

 

ブロック注射や痛み止めの薬は、その信号を薬で感じなくさせている、目の前で火事が起きているのに見えなくしているだけなんだ、ということは理解して頂きたいと思います。

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265