筋・筋膜性の腰痛とは?

整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

本日も腰痛についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

前回は同じ腰痛でも、痛みの出方にはパターンがあり、

 

体を左に倒した時に左の腰が痛い場合、詰まるような痛みのケースについて話していきました。

 

今回は体を倒した方とは反対側の腰が痛いケースについてです。

 

反対側が痛いというのは、

 

引っ張られたような痛み=筋・筋膜性由来の痛み

 

同じように動いても腰が痛い人、痛くない人いますよね?

 

痛くないという人は、筋肉が引っ張られていないんですね。

 

痛い人は筋肉が引っ張られているんです。

 

つまり「筋肉を引っ張っている場所」が痛みの原因となります。

 

人間は全身を筋膜という全身タイツを着ています。

 

どこかの筋肉が縮んでしまうと、他の筋肉が引っ張られてしまいます。

 

その引っ張られている所を痛いからと言って、ぐいぐいマッサージすると、

ピンと張った所を押すわけなので、切れてしまいます。

 

揉み返しって経験されたことありますか?

 

揉み返しがまさしく、そのピンと張っている所を刺激しすぎて、筋繊維が切れてしまった状態なんですね。

 

治療すべき部位はそこではなく、引っ張っている所(縮んでいる所)ですよね。

 

そこを解放してあげれば、痛みはなくなりますし、原因が分かれば患者様ご自身でもケアが可能になり、

腰が痛くなっても自分で治せちゃうようになります。

 

「硬いですね」

 

「こってますね」

 

と言われてマッサージや電気などをしても、治るわけないですよね。

 

しっかりと原因を把握した上で適切な治療をしてくれる治療家に見てもらって下さいね。

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265