ギックリ腰の時に見るべき所

整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

本日もギックリ腰についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

まずギックリ腰の治療に関わらず、ヒトって痛みがあるとそこの部分を丸めるようにしますよね。

 

基本的にギックリ腰の方は体を前に倒して、背中を丸めてお腹を抱えるようにして来院されます。

 

この姿勢の時、どこの筋肉が緩まっているのかというと、お腹の筋肉になります。

 

つまり、お腹の筋肉を緩ませていると痛みが楽になるということは、痛みの原因がお腹にあるということが予測できます。

 

そこで重要になってくるのは「大腰筋」という筋肉になります。

 

お腹の奥の方にある、いわゆるインナーマッスルで、腰の骨~大腿骨に付着している筋肉になります。

 

筋肉が腰痛の原因になることは、めちゃくちゃ多いです!

 

腰痛治療においてはテッパンの治療部位になるのですが、この筋肉をしっかしと触れないセラピスが多いのも事実です。

 

私も以前は触れなかったというか、触れると思っていなかったです・・・。

 

今ではしっかり触れますし、緩ませられるので安心して下さい(笑)

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265