右側の腰痛の原因は肝臓だった!?

整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

本日も腰痛についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

内臓への治療について話してきましたが、なぜ内臓に負担がかかるのか、

そしてどのようにケアをしていけば良いのか、お伝えしていこうと思います。

 

まずなぜ内臓に負担がかかるのかというと、

 

①食生活

現代は塩分や脂肪の多い食事が非常に多いですよね。

 

また肉類の摂取量もかなり増えていると思います。

 

そういった食生活が続くと肝臓や腸には常に負担がかかっていることになります。

 

更に、当院に来院される腰痛患者様で多いのが

 

1.寝る直前までお菓子やおつまみを食べている  晩御飯から就寝までの間隔が短い(2時間以内)

 

2.ほぼ毎日飲酒をする

 

3.複数の薬を服用している

 

以上のことからも肝臓や腸には負担がかかってしまいます。

 

特に薬に関しては、必ず副作用があるものです。

 

その副作用を防ぐ為や、お酒を分解する為に肝臓は毎日毎日働いていることになるので、

負担は大きいですよね。

 

もし、腰痛、特に肝臓が位置している右側の腰痛がある方は

 

服用している薬の中で、不必要なものはありませんか?

 

しっかりと休肝日を作っていますか?

 

脂っこいものばかりの食生活になっていませんか?

 

少しご自身の生活を見直してみるだけで、腰痛が緩和される可能性は十分にあります。

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265