体温と腰痛の関係

整体院かはな デスクより

こんにちは! 焼津市で「唯一」の重症腰痛専門整体院かはな

院長の東です。

 

本日も腰痛についての知識をお伝えしていこうと思います。

 

いきなり質問ですが、皆さんの平熱は何度くらいですか?

 

理想の体温は36.5~37.1℃だと言われています。

 

どうでしょうか? 高いなと思う方が多いのではないでしょうか?

 

今の日本人の平熱は36.2℃くらいだと言われているので、理想の体温より低くなってしまっていますよね。

 

 

ここで腰痛との関連になりますが、痛みで悩んでいる方は平熱が低くなっている方が多いです。

 

体温が低ければ、循環が悪くなり、循環が悪いと筋肉も硬くなりますよね。

 

筋肉が硬くなっているから、関節の動きが制限され、その中で動くから腰痛へと繋がっていきます。

 

痛いから動かなくなり、筋力が落ちて体温が下がる・・・・

 

まさに悪循環です。

 

 

更に、体温が低いということは、免疫力が落ちます。

 

低体温の中で活発に活動するのが、ガン細胞です。

 

つまり体温が低いということは、痛みに悩むだけではなく、

 

将来的に重大な病気になる可能性が高くなってしまうというわけです。

 

私は患者様に常温の水かお白湯をたくさん飲むように指導をさせて頂きます。

 

水分を多く摂ることで、代謝が上がり、体温が上がりますからね。

 

なかなか体温を測る習慣はないかと思いますが、まずは自身の平熱を知ることから始めましょう!

 

 

慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊柱管狭窄症

など

腰痛でお悩みの方で、どこに行ってもスッキリ改善しない方、慢性的にありすぎてもう治らないと諦めている方……

是非1度当院にご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

整体院かはな 東 竜也

当院へのアクセス情報

住所〒425-0077 焼津市五ヶ堀之内725-1 ムスカリII B102
予約完全予約制とさせていただいております。前もってのご予約をお願い致します
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話090-9899-0265